民間企業への就職内定率が89%に・就職・転職・人材派遣・アルバイトなど、職を探している人が参考のなる情報を綴っています。中途採用や新卒・第2新卒の方も必見です!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間企業への就職内定率が89%に


脅威の内定率!一体ナゼ・・・?

いざなぎ超えの景気拡大を受けて、企業の新卒採用で就職学生争奪競争まで起きているというが、法政大学(東京・千代田区)キャリアセンターが06年に実施した卒業予定学生の就職満足度アンケート調査でも、「大いに満足」が41.1%、「やや満足」が40.8%と合わせて81.9%が満足という結果がでた。

同センターでは「大手企業に多数の学生が内定している現状を反映しているものと考えられる」としている。その他、「どちらでもない」13.8%、「やや不満」2.7%、「大いに不満」1.5%の順となっている。

では、どの学部の内定率が高いのか・・・?

 

工学部・国際文化学部が内定保有率90%を超える

 また、06年10月の時点での民間企業への就職希望者に対する内定保有率は89%で、前年同月比5.4%増と大幅増だった。公務員・教員希望などの採否結果が遅めの学生を含めた内定保有率は78.6%で、こちらも前年同月比5.4%増と伸びている。

民間企業への内定保有率は、経営学部(82・3%)、国際文化学部(92.6%)、人間環境部(87.1%)、キャリアデザイン学部(87・5%)、経済学部(82.4%)、工学部(93.7%)が全体の内定保有率を上回り、すべての学部で65%以上を達成した。

さすが有名大学といったところでしょうか?

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © 【就職・転職・人材派遣】あなたの職探しの手助けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。