“転職力”が身に付きやすい会社、骨を埋めるのに適した会社・就職・転職・人材派遣・アルバイトなど、職を探している人が参考のなる情報を綴っています。中途採用や新卒・第2新卒の方も必見です!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“転職力”が身に付きやすい会社、骨を埋めるのに適した会社


 終身雇用の時代がおおむね終わった現在、20代のうちに市場価値の高いスキルを身につけ“転職力”を磨くことの重要性が増している。

会社分割法を使えば、 社員も、事業もろとも簡単に売却できるようになり、来年5月には外国企業による株式交換方式のM&Aも解禁される。

30代半ばを過ぎ、いきなり外資に売 却・リストラされたり、会社が倒産したとしても自力で生き抜くためには、20代の早い段階から、ひとまとまりの仕事を任され自己成長できる会社に入り、稼げる人材になっていなければならない。

若いうちに色々なアルバイトを経験していると就職してから強いかもしれない。

 

【Digest】
◇平均年齢が若い
◇人材を輩出している
◇軽薄短小型
◇規制なし業界
◇研修は過大期待
◇研修はなくとも人は育つ
◇実践オンリーの新聞社型
◇長期安定志向の人は
◇金融・通信と、メディア・航空の違い
◇会社もろとも、の覚悟が必要
◇規制業界は受け皿がない
◇社内競争での負け組リスク
◇依然安定度が高い大手電機

 一方で、逆に、あまり若いうちからシャカリキにバリバリ働くよりも、安定して長期的な視点で、ゆっくり仕事に打ち込みたい、というタイプの人に向いてい る会社も、まだまだ残っている。そういった会社を選ぶ場合に注意しなければならないポイントも、はっきりしている。以下、それぞれ解説する。

◇平均年齢が若い

  まず、早期に転職力を磨ける会社を見極める際、もっとも分かりやすい指標は、社員の平均年齢の若さである。平均年齢が若い会社で、若い人に仕事が任されな いことはないので、このグループに例外はない。たとえば、楽天やヤフーといったインターネット企業、マッキンゼーやアクセンチュアといった外資系コンサル ティング会社、ゴールドマンサックス証券など外資系金融は、いずれも平均年齢が30歳前後である。

 これらの企業では、たとえば、「リクナビの画面をつくっているのは、入社3年目でほぼ全権限をもってやっている。6~7年目が中心に引っ張る」(20代リクルート社員)というように、20代中心で仕事が進められている。

  もともと38歳定年制などで若手中心の年齢構成を維持してきたリクルートも、年を経るごとに高齢化したため、2005年からの半期年俸制導入によって40 代社員の報酬を下げることで自発的な離職を促し、平均年齢を30.5歳(2006年4月)まで低下させることに成功している。

 平均年齢は、株式公開企業であれば、有価証券報告書に記されており、非公開企業でも、聞いて教えない会社はそうない。それすら情報開示を拒むなら、そういった傲慢な会社は、高齢であるがゆえに開示したくないだけと考え、入社は辞めたほうがよい。

  年齢が若い会社は、業務の対象分野が先進的で、かつ仕事がハードであるため、40代になるとついていけないものが多い。日進月歩のインターネット技術を アップデートしていくには、頭が柔軟で吸収力の強い20代が向いているし、細かい数値の分析や瞬発力を要求されるコンサルやM&Aなども、40代になると 大概、第一線からリタイヤしている。

40代になってからの転職は大変である。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © 【就職・転職・人材派遣】あなたの職探しの手助けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。